消費者金融審査に収入証明書は必要?

消費者金融審査に収入証明書は必要なのか?必要なら、収入証明書とはどんな書類なのか?よく電話で質問を受けるパターンです。

まず、消費者金融の審査では収入証明書が必要になる場合と、必要にならない場合があります。具体的に言えば、平成22年より総量規制ができたので、貸付は顧客の年収3分の1未満と決まりました。

その為、年収を調べる上で、収入証明書が必要になるケースがります。

【収入証明書が必要になる場合】
・借入希望限度額が51万円以上
・今回借入希望額と他社(消費者金融・クレジットのキャッシング)の借入残高の合計が100万円超
・上記以外でも審査で収入証明書が必要と判断した場合(自己申告の年収が怪しい場合など)

消費者金融では上記の場合は収入証明書が必要となってきます。

【収入証明書の種類】
・所得証明書
・市県民税納税通知書
・源泉徴収票
・確定申告書

これ以外にも収入証明書はありますが、消費者金融で求められるのは上記の書類となります。上記の書類が無くても、直近の給料明細書2か月分を出せば、それを基に年収を計算するので、収入証明書として認めてくれます。

しかし、プロミスの審査サイトを見ると、プロミスでは、源泉徴収票か給料明細の2か月分しか書いていない為、市県民税納税通知書でもOKなのかは、確認する必要があると言えます。

総量規制対象外即日融資で選ぶコツ!

総量規制対象外のカードローンで即日融資を選ぶコツを伝授しましょう!

まず、年収規制の無い総量規制対象外で即日融資可能なのは、新生銀行カードローンレイクと、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、最近はみずほ銀行カードローンも即日融資可能、楽天銀行カードローンも即日融資可能となってきました。

しかし、どれも共通して言えることは、最短即日融資であって、最短が付いていることです。最も早くて当日に融資ができるのであって、必ずしも当日に借りれるとは一言も言っていません。

ぴゅあぴゅあな人は「やった!今日に借りれる!」と喜ぶでしょうが、それは甘ちゃんの考えで、空手で言えば3級程度の人です。

貸付側の銀行は、どうしても当日に貸付したい!とそこまで強く思っていません。消費者金融は当日の貸付目標があるところがありますので、振込締め切り時間までは審査担当者や貸付入力の担当者は必死で即日融資に間に合わせるように努力しています。

しかし、銀行はそこまで急いではいないのです。では、どうしろと言うのか?それは、自らが動くことです。山の不動のように動かなくては即日融資はなかなか借入することが難しい世紀末になっているのです。

自ら動くならば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックがおすすめです。

テレビ窓口へレッツゴーすると、最短40分でカード発行が可能と言っています。カード発行後は、ATMですぐ降ろせますので、即日借入が可能なのです。

総量規制対象外即日融資ならバンクイックを選び、申込みはインターネットでもいいですが、テレビ窓口へ行くことが最も早く借りれる方法なのです。わかりましたか?

小さい消費者金融会社は怖いのか?

消費者金融のイメージと言えば、怖いイメージがいまだに根づいています。それは過去のサラ金地獄と言われていた時代からずっと引き続かれているものです。

もともと日本は借金に対して負のイメージに捉えすぎのような気がします。特に消費者金融から借りていると言えば、相当にお金に困っている目で見られてしまいます。

なぜなのか?それは消費者金融が金利が高いからです。銀行で借りたら、住宅ローンが金利3%以下の時代で、消費者金融は上限が20%になっているのが、最も批判される内容です。

しかし、そもそも住宅ローンと消費者金融では商品性が全くもって違っており、それを比べる時点でかなりナンセンスなんですよね。

消費者金融は短期借入の趣旨で貸付しています。住宅ローンのように35年ローンとかではないのです。短期貸付で、無担保・無保証で貸すからこそ、その金利があるわけで、それが高いというのであれば、自分自身で初めての人に無保証・無担保で貸すとき、いくらの金利で貸すのか?聞いてみたいですw

話がそれましたが、小さな消費者金融会社はいまだに怖いのか?ヤミ金なのか?と思っている人がいるようですが、今もまだ、貸金業登録して営業を続けている会社はまったく怖くありません!

今の貸金業法は非常に厳しい法律となっており、違法行為をしたのが発覚した場合、業者に対するペナルティは重いものがあります。

それを覚悟してまで怖くする消費者金融会社などいないのです。

貸金業登録していない会社があれば、それはヤミ金です。会社としてお金を貸す以上、貸金業登録をしなければならないことになっており、登録が無い時点で正規の金融業者ではないということになります。

そのような業者からは絶対的に借入しないようにしておきましょう。

今借りるならば、銀行カードローンが最も低金利と利便性が良いカードローンと言えます。おすすめはオリックス銀行カードローンになりますので、興味がある人は公式サイトで調べてみてください。

審査が厳しいカードローンへ申込みするメリット

カードローンを選ぶ場合、審査に通りやすいカードローンを選ぶ傾向が強いのじゃが、本来申込みするならば、審査が厳しいカードローンへ申込みするべきなのじゃ。

なぜならば、審査が甘いカードローンはリスクが高い層にも融資をしていることから、金利は当然に高くなっているからじゃ。逆に審査が厳しいカードローンというのは、リスクが低い(信用が高い)層に融資をしており、それだけ貸倒リスクが低く、低金利で借りられるということなのじゃ。

審査が厳しいカードローンはどこなのか?と言えば、審査=金利は連動していると思ってもよいので、金利が低いカードローンは審査が厳しい傾向にある。

代表的なのは、銀行カードローンじゃ。銀行カードローンは低金利を売りにしており、必ず保証会社がつくことによって、審査も2つあり、消費者金融に比べると審査は厳しくなっとる。

銀行カードローンで金利が安いのは?

銀行カードローンで金利が低いのは、メガバンクの銀行カードローンに注目してみよう。

・みずほ銀行カードローン 金利4.0%~14.0%
・三菱東京UFJ銀行カードローン 金利4.6%~14.6%
・三井住友銀行カードローン 金利4.5%~14.5%

このように、メガバンクのカードローンは消費者金融よりも金利は約3%以上低くなっておる。しかし、メガバンクでなくとも低金利な銀行カードローンはあるのじゃ!

具体的には、イオン銀行カードローンや住信SBIプレミアムカードローンなどじゃ。イオン銀行カードローンは金利3.8%~13.8%で、住信SBIは金利は3.5%~10.0%となっており、住信については上限金利10.0%の超低金利ローンになっておる。

すでに複数借入をしている人には厳しいハードルになるが、まったく借入が無い人ならば、まずは住信SBIプレミアムカードローンへ申込みしてみると良いかもしれん。

審査に不安がある人は、銀行カードローンでも金利は高くなるが、新生銀行カードローンレイクがおすすめじゃ。金利は4.5%~18.0%と、消費者金融のアコムやアイフルと同等の金利にはなるが、即日振込融資ができる、数少ない銀行カードローンとなっており、総量規制も対象外でメリットはかなり高い!

レイク審査口コミ評判などをみると分かるが、金利だけでは無く、即日振込融資や総量規制対象外、収入証明書不要など、満足度は高くなっておる。

審査が厳しい銀行カードローンに自信がなければ、レイクへ申込みすることをおすすめする。

即日融資でカードローンを選ぶなら

第二回目は即日融資についてだ。即日融資とは、文字のごとくすぐに融資をしてくれることで、どんなに早くても申込みから融資まで最短で2時間は見ておいた方が良い。

即日融資にも方法はいくつかあり、銀行振込で借りる方法、来店して借りる方法、カードを発行してもらって、ATMより借りる方法の3通りあるのじゃ。

その中でも人気が高いのは振込で即日融資してもらう方法じゃ。なぜ振込が人気なのかと言えば、当然サラリーマンなどは来店する時間がないので、消費者金融の店舗へ行くのは恥ずかしいというのが大きな原因じゃ。

借金をすることは日本人にとって、あまり良いイメージが無いので、消費者金融の店舗に入るのを、会社の同僚や知り合いに見られたくないのが大きいのじゃ。

振込で即日融資を受けるには条件がある!

人気がある振込での即日融資だが、申込みした当日に借りようと思ったら、いろいろと条件があるのをしっておるか?誰でも即日に振込で借りれると思ったら大間違いなのじゃ!

【振込即日融資で借りる条件】
・平日14時までに振込手続きなど、契約完了をすること。
・自分の銀行口座の口座番号が分かること。
・本人確認を受けられること。

振込での即日融資はスピードがある分、カードローン会社も詐欺などの被害に合わない為に、ある程度確認事項をクリアしなければならない。

本人確認とは、運転免許証などの本人確認書類をカードローン会社が確認しなければならないので、当然、免許証などをFAXで送るか、今はスマホのアプリで画像を送るなどがある。

有名なアコムでは、平日14時までに本人確認書類をアコムへFAXし、アコムが確認取れた場合のみ即日振込で融資が可能となっとる。

即日振込は当たり前にできると思っている人が多いのだが、これができるノウハウは消費者金融の最大の資産と言って良く、銀行カードローンでは即日振込ができるところはほとんどないのが現実なのだ。

いづれにせよ、即日振込は時間との戦いである。申込み時間が遅ければ平日14時には間に合わないので、できるだけ早く申込みすることが即日振込を受ける最大のポイントとも言えるのじゃ。

銀行カードローンおすすめランキング!

こんちには!カードローン放浪記管理人です。このサイトはカードローンについての情報を細かいところまで徹底的に書いていきます。

カードローンのことならどんなことでも構いませんので、書いてほしいことがあればコメントしてもらえば、書いていきます。しかし、ワードプレスでやっているので、スパムコメントが多く、コメントだけではスパムと思って確認できるか分かりませんので、あらかじめご了承くささい。

さて、第一回目は、今人気の銀行カードローンについて書いてみます。銀行カードローンとはなんですか?という人は、まずはグーグルで調べてから来てください。

銀行カードローンも知らない人は、これから話す内容はちんぷんかんぷんですから、読んでも意味がありません。宜しくっす!

銀行カードローンは何がいいのか?

まず、なぜ銀行カードローンが良いのか?の点から入らせていただきます。キャッシングでお金を借りようと思った場合、今までの90%は消費者金融でした。

住宅ローンや車のローン、自宅のリフォームローンなどの大型融資は銀行から借りるのが定説となっていましたが、100万円以下の小口融資、特に50万円以下などの、小遣いの補てんや、遊び代として借りたい場合、わざわざ銀行へ申込みする人などいませんでしたよね?

なぜなら、銀行とは、あくまで担保主義で、無担保で銀行から融資を受けるには、かなりの厳しい審査が必要となり、又、その審査時間も非常に長く、1週間審査時間がかかるのはほぼ当たりまえでした。

その為、10万円程度の融資で銀行や信金、農協などの金融機関に申込みする人などおらず、銀行とは、住宅ローンなどの大口融資で、担保を付けられるものしか貸付もしていなかったのです。

銀行カードローン登場で変わった!

しかし、銀行も個人向け融資の利益率や、不況による企業の設備投資の低下などの要因によって、消費者金融市場に飛び込んできました。これによって、個人でも無担保で銀行から融資を受けられる時代になったのです。

話が長くなってきましたので、とりあえず、第一回はここで区切ります。結論だけ欲しい人ならば、教えてあげよう!銀行カードローンでおすすめはオリックス銀行カードローンじゃ!詳細はこちらhttp://www.wiscontrepreneur.org/が詳しく書いておるので分かりやすいわ!